乾燥肌と敏感肌は似ているようで、大きく意味合いが違います。 乾燥肌というのは、生活習慣や空気の乾燥、スキンケア不足などが原因で、肌が乾燥してしまうことをいいます。 一方、敏感肌というのは、洗顔料や石鹸、化粧水などに含まれている成分が合わず、肌トラブルを起こしてしまいやすい肌のことです。 乾燥肌は規則正しい生活習慣を意識したり、正しいスキンケア方法を覚えることで、予防・改善することができますが、敏感肌の方はそう簡単にはいきません。 生まれ持った肌質なので、乾燥肌のように生活習慣やスキンケアに注意するだけでは、なかなか改善しないのが敏感肌です。 敏感肌の方は、肌トラブルを引き起こさないためにも、普段から使用するスキンケア用品に注意しないといけません。 無添加のものや植物性の化粧品は、敏感肌の方でも肌トラブルを起こしにくいといわれているので、そういったものを使うと良いでしょう。 また、乾燥肌と敏感肌が合わさった乾燥性敏感肌という肌質もあります。 これが一番やっかいで、乾燥肌と敏感肌の二つの対策をしなければならないのです。